睡眠薬といえば文字通り眠りを誘発するお薬ですが、実際にどんな成分や効果で眠りを誘発しているのか皆さん考えたことはありますか?睡眠薬のことをもっと知ってみましょう。

睡眠薬のことどこまで知ってる?

薬局で販売されていない睡眠薬とアルコールの類似性

夜になって布団に入ってもベッドに横になってもなかなか眠れないということに苦しむ人は大勢います。それがひどい状況になって生活に支障を来すようになると多くの人は精神科や心療内科で診療を受け、睡眠薬を処方してもらうことで対症療法を行っていくことになります。しかし、一般の人には睡眠薬は量を間違えると死に至る可能性があるというイメージや依存性が生じてしまうことが多いというイメージが持たれていることから睡眠薬を使用せずに不眠を解決できないかと考える人も大勢います。また、医療用医薬品としてしか睡眠薬が手に入らず、薬局やドラッグストアで販売されていないということも患者からするとデメリットとしてとらえられています。気軽にお店で販売されているものを使って睡眠薬と同等の効果が得られれば十分であるということから用いられることが多いのがアルコールです。もともとお酒が好きな人は世の中に多いことから、酒類の販売許可を得ている店であれば簡単に手に入るお酒を飲むことによって睡眠を確保するということが社会的にもよく見られるようになっています。アルコールには中枢を抑制する作用があることから睡眠導入効果があるのは事実であり、入眠障害に対して効果があることは期待できるものです。しかし、他の多くの睡眠薬と同様にアルコールもまた自然な眠りを誘起する作用を持っているのではありません。傾向として入眠を促進はするものの、睡眠そのものは短くしてしまいがちです。お酒を飲まないと眠れないという人も散見されるように、精神的依存を生み出してしまうこともあるのがアルコールであり、良い点も悪い点も睡眠薬に類似した面を持っているというのが特徴です。