睡眠薬といえば文字通り眠りを誘発するお薬ですが、実際にどんな成分や効果で眠りを誘発しているのか皆さん考えたことはありますか?睡眠薬のことをもっと知ってみましょう。

睡眠薬のことどこまで知ってる?

睡眠薬と同じ機構で睡眠導入剤となる抗不安薬デパス

睡眠薬は何らかの原因で眠れなくなってしまっている人たちにとって救済となる薬であり、睡眠導入剤として飲むことによって寝付きの悪さを改善したり、夜に繰り返し目が覚めてしまうのを改善したりすることができます。睡眠薬として用いられる医薬品は多数開発されてきていますが、古くから用いられてきている睡眠薬に共通するのは中枢神経系に働きかけることによって脳の活動を低下させるというメカニズムにより睡眠導入剤として機能するということです。現在、主に使われている睡眠薬はベンゾジアゼピン系及び非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であり、いずれも中枢神経系にあるGABA受容体のベンゾジアゼピン受容体に作用することによって脳の活動度を低下させる作用をもたらします。デパスはチアノジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬ですが、睡眠導入剤としても用いられます。これは作用部位がベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同じGABA受容体のベンゾジアゼピン結合部位であることに起因しています。デパスはベンゾジアゼピン系のものに比べると抗不安作用が強いことから主には抗不安薬として用いられるという特性を持っているのです。デパスは不安治療においては頻繁に利用される医薬品であり、現代では不安は睡眠障害と並んで多くの患者がいる疾患となっていることから処方される頻度も高くなっています。特許が切れたことによってデパスの有効成分であるエチゾラムを用いて後発品も出回るようになってきており、薬価を下げて医療費の削減につながると期待されています。しかし、乱用のリスクが大きい医薬品でもあることから薬価が下がって手に入りやすくなったことにより、乱用が助長されるのではないかという懸念ももたれています。