睡眠薬といえば文字通り眠りを誘発するお薬ですが、実際にどんな成分や効果で眠りを誘発しているのか皆さん考えたことはありますか?睡眠薬のことをもっと知ってみましょう。

睡眠薬のことどこまで知ってる?

傾眠が短時間だけ現れて入眠に導く超短時間型睡眠薬

睡眠障害は一般的には不眠症と呼ばれることが多い病気の一種であり、良質な睡眠を取ることができない障害を全てまとめて指し示します。睡眠の質が低下する症状として、なかなか眠りにつけなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、寝起きが悪かったりするというのがよく見られるものです。また、十分な睡眠時間を確保できているにも関わらず疲れが取れないといったこともあります。そういったストレスから解放されようと病院に通うことによって処方されることになるのが睡眠薬であり、その症状と求めることによって多様な選択肢の中からより適したものが選ばれることになります。
比較的多くの人に見られるのが入眠障害であり、眠りにつけないことをストレスに感じてしまって、それが余計に睡眠を妨げてしまうという悪循環に陥りがちです。そのため、他の症状に比べても病院を訪れる患者が多い傾向にあり、その改善に向けた訴えも強いことが一般的です。こういった患者に最も選ばれることが多いのが超短時間型睡眠薬と呼ばれる分類のものであり、就寝前に服用することによって速やかに傾眠作用を示して入眠しやすくするという効果を期待できます。睡眠薬の作用の早さと効果の持続時間は互いに比例するのが一般的であり、超短時間型睡眠薬は速やかに傾眠作用を示した後、身体からも速やかに除去されるという特徴があります。そのため、より長時間作用する睡眠薬に比べると寝起きが悪くなるような副作用が生じにくいというメリットがあり、日中に作用が残って昼間に傾眠作用を示してしまうリスクもなくなります。そのため、睡眠の質を良くするという考え方からまずは選択されるのが超短時間型の睡眠薬なのです。